サブメニュー

カードローンは便利

もしも、お金に困った時にはいつでもサッと貸してくれる人がいたとしたら、つい頼ってしまいます。もしくは、怪しいと思う人もいるでしょう。カードローンはそのような存在です。カードには限度額が設定されていますが、その範囲内であれば何度でも繰返し借入れや返済が可能です。

 

 

ただし、そのような都合の良い話ばかりではなく、カードローンには注意点もあります。お金に困った時の選択肢として選ばれている理由と、注意点、両方をよく理解して利用しましょう。

 

簡単に利用ができる

カードローンはATMに足を運べば、簡単に借入れができます。借入れするまでの時間は、ATMで自分の口座からお金を引出すのと変わりません。希望額を入れればその場ですぐに借入れができます。

 

使い道は基本的に自由です。急な出張で交通費や宿泊費が必要な時、飲み会などに誘われてお金が必要な時、冠婚葬祭で祝儀や着ていく服がない時、ついお金を使い過ぎて生活費が足りなくなった時、どのような時でも現金を借り入れて解決できます。これはカードローンの大きなメリットです。

 

いつでも借入れができる

カードローンはATMを使って借入れができますが、早朝や深夜でも借入れができます。カードローン会社は提携ATMが多く、セブンイレブンのATMなど、24時間借入れ可能なATMを使えば、いつでも簡単に借入れができます。

 

例えば深夜に、急なお金のトラブルがあった時でも、カードローンなら借入れが可能です。現在のATMは、土日や祝日でも営業している所が増えています。コンビニATMの存在は意義が大きく、土日祝日含め24時間取引可能な上、全国至る所で借入れが可能です。カードローンは使い道も自由ですが、借入のタイミングも自由です。

 

ただしカードが発行されないタイプの契約ではATMでの借り入れが行えないため、時間外の場合には翌営業日の扱いとなってしまいます。週末に借りたいときなどに素早い対応ができなくなってしまうため、カードが無いWeb完結のモビットを利用する際などは今後の利用もしっかりと考えておくべきです。

 

毎月無理なく返済が可能

カードローンというと、返済が不安だという人は多いです。消費者金融でお金を借りたら多額の返済を迫られるのではないかというのは、多くの人が考えます。しかし、カードローンの毎月の返済額はそれ程多くはありません。

 

例えばプロミスの場合、千円未満は切り上げにはなりますが、30万円以下なら借入残高の3.61%の返済となり、30万円超100万円以下なら2.53%、100万円超なら1.99%を返済していきます。例えば5万円借りた場合、毎月の返済額は2,000円となります。
カードローンは毎月無理なく返済していけます。

 

カードローン契約時には審査がある

カードローンはメリットが多いですが、誰でも利用出来るとは限りません。カードローン契約時には審査があります。審査に通らければ契約ができないので注意が必要です。

 

カードローンの取り扱いは、各種銀行や消費者金融で行っています。審査に通るかどうかは実際に申込んでみないとわかりません。カードローンを利用する時には、審査に通るかどうかも考えて選ばなければなりません。

 

また、選ぶカードローンによっては、土日祝日は審査対応していない場合や、審査に日数がかかる場合もあります。

 

借り過ぎると大変

コツコツ返済していくカードローンは、無理のない返済が可能です。しかし、便利であるからこそ、ついつい使い過ぎてしまう危険性があるという点には注意が必要です。どうしても必要な時の利用としては便利な存在です。

 

しかし、もしほしいものがある度にカードローンでの借入れを繰り返していけば、あっという間に限度額まで達してしまいます。

 

限度額まで達してしまうと、返済が進むまで新たな借入れができません。また、カードローンの返済は、借入残高が増えるほど増えていきます。限度額まで借りてしまうと、毎月の返済額も増えてしまいます。

 

プロミスの例で言えば、5万円の借入れなら2,000円の返済で済みますが、150万円借りた場合、毎月の返済額は3万円にもなります。便利だからこそ、利用の際には使い過ぎに注意しましょう。

 

余裕のある返済ができてこそのカードローンの良さでもあるため、上にも挙げたプロミスの返済金額を参考にしながら、無理にないプランでの返済ができる金額はいくらかをしっかりと確認すべきなのです。