サブメニュー

必要なものと手続き方法

カードローンを利用するには申込みが必要です。契約が結べれば、受取ったカードを使っていつでも借入れができるようになります。

 

申込みの方法としては、店頭窓口、契約機、郵送、インターネットなどがあります。郵送での手続きを取る人はあまりいません。最近増えているのはインターネットでの申込みです。精神的にも手軽に申込みができるというのもそうですが、簡単に手続きできるのが人気です。

 

また、インターネットでの申込みなら人に会わないので、誰かにカードローンの申込みを見られるという心配もなく借入れができます。時間や場所を選ばないなど、メリットが多いです。

 

インターネットでも契約機でも、申込みをした後は審査結果を待ちます。早い所なら30分程度で返事がきます。融資可能という回答が返ってきたら本契約です。本契約後に発行されるカードを使って、借入ができるようになります。

 

カードローンの申込み時には本人確認書類が必要です。免許証や保険証などの原本を用意しておきましょう。また、申込み条件によっては収入証明書類が必要になります。直近の給与明細書や源泉徴収票など、これらの書類が必要な時には注意が必要です。

 

消費者金融の場合には、借入が50万円を超える場合、または他社含めた借入総額で100万円を超える場合には、収入証明書類が必要なので覚えておきましょう。

 

銀行カードローンであればもっと大きな金額まで収入証明が不要となるところがあり、生活費などの利用の他におまとめローンにも向くオリックス銀行のカードローンであれば300万円まで不要と、大きな金額を借りるなら消費者金融よりも銀行の方が良いとされています。